ネットで家の無料査定を申し込んで大丈夫?一括査定のメリットと注意点まとめ

不動産査定
執筆者
逆瀬川勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。
保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士

家(戸建て・マンション)の売却を検討しているときや、単に自分の家の価値がどの程度なのか知りたいときは、査定業者に連絡する必要があります。しかし、ほとんどの人が普段から査定業者を利用していないでしょうから、どのように査定業者を選べばよいか悩むのではないでしょうか。

本記事では家の査定業者を選ぶにあたり、そもそもの査定方法や査定業者の分類をお伝えすると共に、ネットの一括査定を利用するメリットと注意点についてお伝えしています。

家の査定を依頼する3つの方法

家を売却する際に査定を依頼する方法には、次の3つの方法があります。

  • 不動産会社に電話する
  • 不動産会社を訪問する
  • ネットの一括査定を利用する

上記の方法は、売却活動を行う上でそれぞれメリット・デメリットが存在しますので、詳しく見ていきましょう。

不動産会社に電話する

不動産会社に電話して査定を依頼します。謄本や住宅に関する設計図書など手元に用意しておき、家の面積や間取り、築年数など基本的な内容に答えられるようにしておきましょう。なお、家の査定方法には机上査定と訪問査定の2つがあります。

机上査定と訪問査定

机上査定は、主に書面上だけで調査を行い、訪問査定は実際に現地を訪問して査定額を算出する方法です。まずは簡単に査定額を聞きたいといった程度であれば机上査定だけでもよいですが、具体的に売却も検討しているのであれば訪問査定を利用すれば、より精度の高い査定を受けることができます。

机上査定であれば早ければ即日、遅くとも1週間程度で査定結果を聞けますが、訪問査定であれば訪問日程を調整し、訪問を受けてからの査定となるので時間と手間がかかります。先にどちらを希望するのか決めておくとよいでしょう。

不動産会社を訪問する

自ら不動産会社を直接訪問して査定を依頼することもできます。対面で話した方が家に関する情報を伝えやすいという人は、こちらの方法が良いでしょう。とはいえ、担当者が不在のこともあるため、事前に電話で確認の上訪問した方が確実です。その際、必要な書類について指示を受ける場合もあります。

ネットの一括査定サービスを利用する

インターネットの一括査定を利用すると、家に関する情報を入力するだけで、家の所在地近くにある査定業者の中から、査定対象の家に適した業者の紹介を受けることができます。ネットで入力が完了すると、複数の業者にその情報が送信され、査定依頼者は査定業者からメールや電話が来るのを待つことになります。

査定業者から連絡が来てから後の流れについては、自分で直接査定業者に電話、訪問したときと同じです。

査定業者の3つのタイプとそれぞれの特徴

では、実際に不動産の査定と売却の仲介を依頼する業者はどのような基準で決めると良いのでしょうか? 家の査定を依頼する際には「査定後、できるだけ高く家を売却してくれる業者はどこか?」という視点で査定先を探しましょう

ここでは、査定業者について大きく以下の3つのタイプに分けてそれぞれの特徴をお伝えします。

  • 地元の小さな不動産会社
  • 地方不動産会社
  • 全国大手不動産会社

それでは、詳しく見てみましょう。

地元の小さな不動産会社に査定を依頼する

社長が直接営業しているような、地元の小さな不動産会社です。地域に根差した活動を行っており、その会社にしかない顧客や情報を持っていることが少なくありません。ただ、事前に査定業者としての評判等が確認しづらいため、そうした意味で当たり外れが大きいと言えます。

地方不動産会社に査定を依頼する

その地域に本社を置く不動産会社です。地元の小さな不動産会社と同様、地域に根差した活動で会社特有の顧客や情報を持っている可能性があります。こうした業者に査定を依頼する時は、「その地域で何年営業しているのか」を見てみるとよいでしょう。長く運営しているということは、それだけ、これまでの実績の積み重ねがあるという意味で信頼を置くことができます

全国大手不動産会社に査定を依頼する

全国に展開する大手不動産会社の支店等が該当します。大手というバックボーンを活かした最新の査定ツールがあったり、優秀な人材が在籍していたり、といったことを期待できるでしょう。また、全国に展開する支店網を活かし、県外から転居する顧客の情報を得られる可能性があります。

家の査定ではタイプの異なる複数の業者に査定を依頼しよう

家の査定を依頼する際は、タイプの異なる複数の業者に査定を依頼することをおすすめします。上記3つのタイプでは、それぞれ異なる層の顧客や情報を持っている可能性があり、実際に売却を依頼するとなったときには、できるだけ多くの顧客に物件情報を届けられた方が、早く高値で売却できる可能性が高まります。複数の業者に査定を行ってもらうことにより相場の確認ができ、売却額で損をする可能性が低くなるのです。

なお、複数の業者に査定を依頼するべき理由は他にもあります。

それは、プロが査定するのであっても、査定業者によって査定結果が異なるのが普通だからです。複数の査定業者の査定結果を聞く中で、その査定業者の査定額が一番説得力があるか、査定額の理由まで含めて比較検討しましょう

査定額を聞いた後、売却を依頼するのは1社だけでも、複数の業者でも構いません。

家をネットで一括査定するメリット

家を査定する際には、タイプの異なる複数の業者に査定を依頼すべき点をお伝えしましたが、その際にはネットの一括査定の利用が便利です。サイトで家の情報を入力するだけで、自動かつ無料で複数の査定業者に査定を依頼することができるからです。

ここでは、そうしたネットで一括査定するメリットについて詳しく見ていきたいと思います。

査定業者を探す手間が省ける

まず、ネットの一括査定は家の情報を1回入力するだけで複数の査定業者に査定を依頼できるので、大きく手間を省けます。

これが1件1件電話や訪問で連絡するとなると、1から家の情報を伝えなければなりませんし、そもそも査定業者を探すのにも苦労します

査定額を比較できる

ネットで一括査定することで、1~2社程度にしか査定を依頼しないのと比べると、査定額を比べることができ、よりよい査定業者に売却を依頼しやすくなります。

大手以外の査定業者も見つけられる

地元の小さな不動産会社では自社サイトなども充実していないことが多く、自力で見つけるのに苦労することが少なくありません。また、ネットで過去の実績等検索してもあまり情報が出てこないことから、どの査定業者がいいのかを判別しづらいです。

一方、ネットの一括査定であれば、登録業者は一括査定業者と提携を結んでおり、過去に悪質なことをしている業者は提携を外されている可能性が高く、そうしたことから優良な業者の紹介を受けられる可能性が高いと言えます。

家をネットで一括査定する注意点

一方、ネットの一括査定サービスを利用する際には注意しなければならないこともあります。

高すぎる査定額を提示してくる業者に注意

ネットで一括査定を依頼すると、複数業者の査定額を比較できるというメリットがあることをお伝えしましたが、この際、査定額だけで比較してしまうのは危険です。

中には、最初に高い査定額を提示して売却を依頼させ、いざ売却が始まると値下げを要求してくるような業者も存在するからです。一括査定の後、査定額を比較する際には、単に査定額だけではなく、その査定額の根拠を含めて比較するようにしましょう

具体的には、以下のようなポイントをチェックするとよいです。

  • どんな層の顧客がターゲットと考えているのか
  • どんな方法で広告するのか
  • 過去に同じような物件の売却実績はあるのか

これらの点をきちんとチェックすることで、査定業者が提示してきた評価額は本当に妥当なものなのか見極めることができます。

一度に複数の業者の対応をする必要がある

ネットで一括査定を依頼すると、一斉に複数の業者に情報が送信され、それらすべての業者から電話やメールで連絡がくるため、その対応に追われてしまいます

とはいえ、1社~2社など限られた業者にだけ査定を依頼するのはリスクが大きく、基本的には複数の業者に査定を依頼すべきです。複数業者に査定を依頼する前提であれば、ネットの一括査定が最も手間がかかりません。

大変なのは、査定後一定期間だけだと思い、粛々と対応するとよいでしょう

しつこく営業してくる可能性もある

不動産会社の中には、査定を依頼するとしつこく営業してくる会社もあります。これはネットでの一括査定に限らず一定数存在するため、そういうものだと割り切って対応するのがよいでしょう。

なお、どうしても対応が面倒であれば一括査定サイトから対象の査定業者に警告してもらうようなこともできます

一括査定を利用して損せずに売却

家の査定依頼先を選ぶにあたり、査定依頼方法や査定先の種類等お伝えすると共に、ネットで査定を依頼するメリットや注意点についてお伝えしました。

家の査定を依頼するのであれば、査定額を比較できるため、原則として複数の査定業者に依頼することをおすすめします。複数の査定業者に査定を依頼するのであれば、手間なく、優良業者の紹介を受けられるネットの一括査定は便利な存在です。

本記事でお伝えした査定額の根拠についてのチェック方法等も参考に、上手にネットの一括査定を活用していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました