不動産売却の基礎知識

不動産売却の基礎知識に関する記事一覧

不動産売却の基礎知識

不動産の売却益(譲渡益)で健康保険料が上がる?扶養や控除についても解説

不動産の売却で譲渡益があった場合、それに応じて所得税がアップすることは広く知られています。その際、健康保険の保険料まで影響が及ぶことはご存知でしょうか。 この記事では、不動産の譲渡益が健康保険料にどのように影響するのかについて解説しま...
不動産売却の基礎知識

訳あり・事故物件は売却できる?注意点や法律を解説

親族が住んでいた、もしくは人に貸していた物件で事件や事故が起きてしまった場合、事故物件となり売却しようにも買い手がつきにくくなってしまうことがあります。こうした場合、どのように対処するとよいのでしょうか。 本記事では、そもそも事故物件...
不動産売却の基礎知識

借地権を相続したらどうするべき?必要な手続きや遺贈の際の注意点を解説

借地権とは、土地を借りる権利のことですが、ご両親が借りている土地がある場合、その借地権も相続することができます。 ところで、借地権を相続した場合、どのように手続きを進める必要があり、またどのような点に注意する必要があるのでしょうか。本...
不動産売却の基礎知識

老後の住み替えのコツを解説|買い替えと賃貸はどっちが良い?

子どものことを考えて購入した家も、子どもが巣立っていった後は不要な部屋が残ってしまいます。そうでなくとも、老後は夫婦ふたりでゆっくりと過ごせる家が欲しいと思うのではないでしょうか。 本記事では、老後の住み替えのコツとして、基本的な内容...
不動産売却の基礎知識

不動産売却における敷地境界線の重要性を解説|境界明示はなぜ必要?

不動産の売却では、敷地境界線が確定していないと、取引を成立させることが非常に困難になります。敷地境界線は土地を維持する砦となるものですから、そこが曖昧な不動産は誰しも敬遠してしまうのです。 この記事では、不動産売却における敷地境界線が...
不動産売却の基礎知識

第一種・第二種中高層住居専用地域とは?特徴解説、他の用途地域との比較など

「第一種中高層住居専用地域」と「第二種中高層専用地域」は、「中高層」が含まれる名称のとおり、中高層マンションを中心とした良好な住居の環境を保護する地域です。もしこの用途地域に指定されているエリアのマンションに住むとしたら、どのような環境の中...
不動産売却の基礎知識

第一種・第二種低層住居専用地域とは?家、土地を購入・売却する際の注意点を解説

「第一種低層住居専用地域」と「第二種低層住居専用地域」は、13種類ある用途地域の中で、最も住環境に配慮した地域です。でもいくら良好な住環境が確保されているからといっても、購入に際してはいくつかの注意点があります。この記事では、第一種・第二種...
不動産売却の基礎知識

住宅ローン残債が売却額で完済できない場合は買い替えできない?対処法を解説します

家を買い換えようとしたとき、住宅ローンの残債を完済できないとそもそも家を売却できないことをご存知でしょうか。この場合、手持ち資金を用意できれば問題ないのですが、すぐに用意できないことも多いでしょう。 本記事では、住宅ローン残債が売却額...
不動産売却の基礎知識

「つなぎ融資」とは|金利は何%?利用のメリット・デメリット、注意点を解説します

自宅の建て替えや注文建築を建てる場合、工事業者に着工金や中間金を支払う必要があります。これだけで工事費の過半の金額になりますが、住宅ローンを利用しようとしても建物が完成していないと融資は実行されません。こうした場合に利用できるのがつなぎ融資...
不動産売却の基礎知識

借地権は売却できます。所有物件の売買との違い・手順などを解説

借地権を相続した場合や建物を借りる際に土地を借りたものの、何らかの理由で手放す必要が生じたとき、借地権を所有権のように売却することは可能です。 本記事では、借地権の売却について所有物件を売買する場合との違いや、具体的な借地権売却の手順...
タイトルとURLをコピーしました