戸建て

不動産売却の基礎知識

第一種・第二種低層住居専用地域とは?家、土地を購入・売却する際の注意点を解説

「第一種低層住居専用地域」と「第二種低層住居専用地域」は、13種類ある用途地域の中で、最も住環境に配慮した地域です。でもいくら良好な住環境が確保されているからといっても、購入に際してはいくつかの注意点があります。この記事では、第一種・第二種...
不動産売却の基礎知識

家の解体に費用はいくらかかる?相場や補助金、ローンについて解説

家の解体費用は解体のための重機の搬入や人件費、運搬費などかかり、合計すると結構な額となります。本記事では、家の解体費用の相場をお伝えすると共に、具体的なシミュレーションや安く抑える方法、補助金やローンを活用する方法までお伝えしていきます。
不動産売却の基礎知識

仲介売却よりも買取で売却した方が良い戸建て住宅の特徴とは

不動産売却というと、仲介のイメージが強いかもしれませんが、いくつかのケースでは買取を利用したほうがよい場合があります。本記事では、仲介による方法で売却するより、買取による方法で売却したほうがよい住宅の特徴をお伝えしていきます。
不動産査定

売れやすい家と売れにくい家の違いとは?

これから不動産売却をされる方、ご自身の物件がどのくらいの価値があるのか気になる方、住宅売却をした時にどのように売れるのか気になる方は多いでしょう。物件はやはり需要と供給の関係で、売れやすい家の条件・特徴がありますので、ご紹介します。 そも...
不動産売却の基礎知識

再建築不可物件の基準を解説|建て替えや売却はできない?

再建築不可物件とは、現在の家をすべて解体すると、二度とその敷地に家を建てることができない不動産物件のことです。この記事では、どんな状態の敷地が再建築不可物件となるのか、また建て替えは本当にできないのか、さらには売却できるのかについて詳しく解...
不動産査定

使わないと損する?不動産売却で一括査定を利用するメリット・デメリットまとめ

価格査定ついては、直接不動産会社に連絡してもよいですが、一括査定を利用すると手間なく複数の会社に依頼できて便利です。本記事では、不動産売却で一括査定を利用するメリットやデメリットについてお伝えしていきます。
不動産売却の基礎知識

古家付きの土地は更地にして売る方が得をする?メリット・デメリットを解説します

築20年を超えた住宅は、売却の際には「古家付きの土地」として売り出されるのが一般的です。つまり住宅に対する売値はなく、土地のみを販売対象としているということです。このような古家であれば、むしろ解体をして更地として売る方が得をするという声をよ...
不動産売却の基礎知識

築年数の古い家の売却・買取は可能?不動産の活用方法を解説

築年数が30年以上も経過したような古い家は、はたして売却できるのでしょうか。買い取る側の立場になれば、築年数が古い家は問題点が蓄積していそうで、なかなか購入を決断することができません。築年数の古い家をスムーズに売買するための活用方法を探って...
不動産売却の基礎知識

空き家は仲介売却よりも業者買取がおすすめ?違い・メリットを徹底解説

空き家を売却するとしたら、どんな方法を選択するのが最善なのでしょうか。一般的な売却方法は不動産会社による仲介売却ですが、最近は業者買取による売却も増えています。それぞれの売却方法の違いとメリットを探っていきましょう。 空き家の売却をとりま...
不動産売却の基礎知識

自宅を高く売却するなら査定業者選びが重要!優良不動産業者のチェックポイント

自宅や所有する不動産を、納得いく価格で売却するためにはパートナーとなる不動産会社選びが非常に重要です。不動産会社選びによって、不動産売却の結果が左右されると言っても、決して過言ではありません。そこで、良きパートナーになってくれる不動産会社や...
タイトルとURLをコピーしました