法律

不動産売却の基礎知識

市街化調整区域の物件は売却できる?調整区域の特徴・注意点を解説

空き家になった実家を売却しようとしたら、市街化調整区域だったためになかなか売れないということがあります。その理由のひとつとして、建築制限が厳しいことが挙げられます。市街化調整区域というだけで、建築不可だと考えている人は少なくありません。本当...
不動産売却の基礎知識

不動産売却時に注意すべき告知義務と心理的瑕疵について解説

不動産の売却においては、買主に対する瑕疵(かし)の告知義務があります。しかし瑕疵の中でも、快適な暮らしを阻害する要因となる「心理的瑕疵」は、人によって不快に感じる度合いが異なるため、瑕疵に該当する範囲や告知の方法がとても難しいのです。この記...
不動産売却の基礎知識

違反建築(違法建築)や既存不適格の物件は売却できる?注意点を解説します

不動産の売却に際しては、コンプライアンスの観点から法への適合を強く求められます。住宅ローンの融資においても、適法性は重要な審査項目のひとつです。 それでは法に適合していない物件は、売却に際してどう取り扱われるのでしょうか。この記事では...
不動産売却の基礎知識

既存住宅状況調査(インスペクション)とは|実施の方法やメリットを解説

中古住宅の取引では、建物の状態がよく分からないから不安だという声をよく耳にします。そうした不安を解消してくれるのが、既存住宅状況調査(インスペクション)です。この記事では、インスペクションはどのような方法で実施されるのか、そしてどんなメリッ...
不動産売却の基礎知識

再建築不可物件の基準を解説|建て替えや売却はできない?

再建築不可物件とは、現在の家をすべて解体すると、二度とその敷地に家を建てることができない不動産物件のことです。この記事では、どんな状態の敷地が再建築不可物件となるのか、また建て替えは本当にできないのか、さらには売却できるのかについて詳しく解...
不動産売却の基礎知識

瑕疵担保責任・契約不適合責任とは?不動産の売却時に注意すべき法律について

瑕疵担保責任は瑕疵という言葉のあいまいさもあって、理解しづらいものとなっています。本記事では、売却時に注意すべき瑕疵担保責任について分かりやすく解説すると共に、改正民法における契約不適合責任との違いなどご説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました